スヌーピーってもちろん知らない人いないと思うのだけど・・・

子供のころ大好きで
まだあまりグッズとかは出回っていない時代だったのですが・笑
母におねだりしてスヌーピーグッズをそろえていました
てか、母もスヌーピーなら買ってくれました

文房具からお洋服まで
結構お高かったのを子供心に覚えてます・・・

一番思い出があるのは
子供用のジーンズの裾に大きくスヌーピーを刺繍してもらってはいてました

これは私ではなくておばあちゃまの趣味でした


って、前書きが長いかな・・・

ずーっとまえに
カートゥーンチャンネルでスヌーピーを見ていたのですが
初めて生い立ちというかチャーリーブラウンとの出会いを見ました


ご存知ですか?

いろいろ絵本とか持っていたけど
テレビも見ていたりしたけど
生い立ちは知りませんでしたよ


簡単にストーリーを紹介しますね


とある農場で8匹のビーグル犬が生まれます
その中の一匹がスヌーピーなのね

8匹は、音楽隊を組んでました笑
スヌーピーは確かギターかなあ・・・

買い手が決まってみんな分かれていきます

スヌーピーは、ある一人の女の子にもらわれていくのね、、、お金持ちそうな子だけどとってもいい子

だけどあるとき、引っ越すことになって引越し先のアパートではペット禁止ということで
仕方がなく農場にスヌーピーを返しに行くのです


・・・・・ここまでくると思い出しませんか?
リンクにもあるのですが、わんの物語を・・・・・

農場でおじさんは受け入れてまたスヌーピーの飼い主さんを探します



そこでチャーリーブラウンの登場なんですよね

ライナスに犬が買いたいと相談し5ドルを握りしめて農場にバスに乗って向かうのです

おじさんは、5ドルでは売れないといった感じでしたが
チャーリーに5ドルでスヌーピーを渡しました

それが出会いです

スヌーピーは、チャーリーブラウンと出会うんですよね~
そうだったんだ
知らなかったです

そのあとチャーリーブラウンはスヌーピーの兄弟を会わせようとしたのですが
農場はすでに駐車場になってしまって跡形もなくなってしまってました

でもその駐車場で、8匹が集まって音楽を奏でるのですよね


たしか・・・・こんな感じのお話でしたよ


現実ではブリーダーさんに返しにいくって事はありえないよね
みんな保健所へ連れて行くのが現状だよね

考えたくないけど事実
悲しいね

事情がどうあれ一度であったかわいいわが子を手放せるのかな?

いつもそういう情景を思うと胸が痛くなります
そして何もできない自分もいるのだと

ショコラがいる日常が普通で毎日を送っていますが
未来がないワンたちがたくさんいるのも忘れてはならないといつも心に留めています

そして、一人でも多くの方にワンの物語を知っていただきたいなと思っています
声に出すことはできるから・・・・


DSC_0081.jpg




久しぶりになぜかジーンさせられちゃいましたね

ショコママン



スポンサーサイト

2008'04'23(Wed) sub スヌーピー 2008おうちでしょこたん*

 
Mini Board
 NAME
 URL

パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

4件 ┘

Category  
Archive  

2017年  11月 [1]

2017年  09月 [1]

2017年  08月 [1]

2017年  07月 [1]

2017年  05月 [2]

2017年  03月 [2]

2017年  02月 [1]

2016年  12月 [2]

2016年  10月 [1]

2016年  08月 [1]

2016年  07月 [1]

2016年  06月 [1]

2016年  05月 [1]

2016年  03月 [1]

2016年  01月 [2]

2015年  12月 [1]

2015年  10月 [1]

2015年  09月 [1]

2015年  08月 [1]

2015年  07月 [1]

2015年  05月 [1]

2015年  04月 [1]

2015年  03月 [2]

2015年  02月 [1]

2015年  01月 [2]

2014年  12月 [1]

2014年  11月 [4]

2014年  10月 [2]

2014年  09月 [3]

2014年  08月 [4]

2014年  07月 [5]

2014年  06月 [6]

2014年  05月 [3]

2014年  04月 [4]

2014年  03月 [5]

2014年  02月 [3]

2014年  01月 [4]

2013年  12月 [3]

2013年  11月 [4]

2013年  10月 [3]

2013年  09月 [3]

2013年  08月 [3]

2013年  07月 [3]

2013年  06月 [2]

2013年  05月 [5]

2013年  04月 [1]

2013年  03月 [2]

2013年  02月 [3]

2013年  01月 [4]

2012年  12月 [4]

2012年  11月 [3]

2012年  10月 [1]

2012年  09月 [1]

2012年  08月 [2]

2012年  07月 [4]

2012年  06月 [3]

2012年  05月 [3]

2012年  04月 [2]

2012年  03月 [3]

2012年  02月 [1]

2012年  01月 [3]

2011年  12月 [5]

2011年  11月 [2]

2011年  10月 [4]

2011年  09月 [4]

2011年  08月 [2]

2011年  07月 [1]

2011年  06月 [5]

2011年  05月 [4]

2011年  04月 [1]

2011年  03月 [5]

2011年  02月 [5]

2011年  01月 [1]

2010年  12月 [3]

2010年  11月 [1]

2010年  10月 [3]

2010年  09月 [2]

2010年  08月 [1]

2010年  07月 [1]

2010年  06月 [5]

2010年  05月 [6]

2010年  04月 [2]

2010年  03月 [6]

2010年  02月 [1]

2010年  01月 [2]

2009年  12月 [3]

2009年  11月 [1]

2009年  10月 [4]

2009年  09月 [1]

2009年  08月 [1]

2009年  07月 [1]

2009年  06月 [5]

2009年  05月 [7]

2009年  04月 [9]

2009年  03月 [5]

2009年  02月 [3]

2009年  01月 [13]

2008年  12月 [6]

2008年  11月 [6]

2008年  10月 [7]

2008年  09月 [1]

2008年  08月 [3]

2008年  07月 [4]

2008年  06月 [6]

2008年  05月 [7]

2008年  04月 [11]

2008年  03月 [19]

2008年  02月 [17]

2008年  01月 [17]

2007年  12月 [13]

2007年  11月 [11]

2007年  10月 [8]

2007年  09月 [9]

2007年  08月 [6]

2007年  07月 [4]

2007年  06月 [6]

2007年  05月 [11]

2007年  04月 [10]

2007年  03月 [6]

2007年  02月 [7]

2007年  01月 [11]

2006年  12月 [10]

2006年  11月 [7]

2006年  10月 [13]

2006年  09月 [8]

2006年  08月 [8]

2006年  07月 [11]

2006年  06月 [9]

2006年  05月 [14]

2006年  04月 [13]

2006年  03月 [12]

2006年  02月 [13]

2006年  01月 [16]

2005年  12月 [25]

2005年  11月 [3]