お友達のssoin*さんのブログからバトンが回ってきました。
人に回さない主義です。
なので、私がアンカーとしてさせてもらいますね。

で、ssoin*さんの私のイメージはイタリアンレッド☆
赤ですか~
ちょっとびっくり。

でも嫌いではない。

ふと、大好きなシャガールを思い出しました。
彼の絵は 原色を使い、恋人達や馬や牛やはと、天使、お花などたくさん出てきますよね。

彼の世界には、赤と青の世界があります。
赤は『情熱』 青は『静寂』であるともいわれます。

ニースのシャガール美術館を訪れたときに買った絵葉書。
この赤を撮ろうとはたと見てびびびっくり。

ユニコーンじゃん。幸せのユニコーンはここにもいたんだよね。
わすれててごめんよ~笑

偶然であり必然????うふふ~


0114


情熱的な性格ではないけれど
何かに情熱は燃やしていたいですね笑
いまはショコたんだったりして・・・あれ~笑



では、


Q1.好きな色は?

難しいですね。気分でころころ代わります。
・・うん。ほんと、気分。
自分の目で見てピピッっときたときのその色が好き。
私はすごく自分の勘を信じる人間。
ぴぴっっときたら!・・ですよ~。

でも、やっぱり白・黒・グレー、
後は茶をベースにした色、ベージュも好きだしチョコレートブラウンも。
それからグリーンをベースにした色、モスグリーン、ダークグリーンとか。。。

さし色に赤とかオレンジ、ピンクも好きですね。
結局何色も拒まない。

そしてブルー。
シャガールの青の世界じゃないけれど彼の澄んだ青が好き。

ssoin*さんが東山魁夷の白い馬が好きとおっしゃっていてびっくり。
彼の『白馬の森』というリトグラフを見て心打たれたばかりだったからね。。。ふふふ~♪

ブルーとホワイトの溶け込む感じがいいなって今そういう気分かな。




Q2.嫌いな色


てか、似合わないのが黄色。
どうしてもこの色は私に似あわない気がする。
ショコたんは黄色が似合うのよ。


Q3.携帯の色


暮れに変えたの。ほとんどただに近い値段でね笑
同じ機種だから色は変えようと思って赤にしたの。
カバンの中で見つけやすいし。

とっても気に入ってるけど携帯オンチのショコママンはまだ使い方がわかってません笑

で、中華街で手彫りをしてるおじいさんにお願いして彫ってもらったパンダさん。
かわいいの。笹もいっぱいで。
すごく癒された。だから思いっきり、彫るの決めてお願いした。

赤に映えると思いませんか???

墨で黒く塗りこんであるの。


0114-1


かわいいっしょ?



Q4.心の色

難しい質問じゃ笑

たぶん。ダークな色笑
性格は白黒はっきりつけたがる潔癖症ですが。

ダークな色の部分にピンクだったりバラ色だったりオレンジだったり
ブルーやら赤やら・・・取り巻いていてたまに顔を出す・・・のかな。

でもきっといつもダークな色と交じり合ってると思う。

多分、ネクラなほう笑


0114-2




モノクロのショコたんに溶け込む赤でありたいショコママン。
まるでゴーギャンの世界かもしれない。。。なんてね。


バトンてある種、その人がわかってしまいますよね。

ちょっとショコママン出してみました。

お好きな方はバトン、拾ってくださいね。
ショコママン

スポンサーサイト

2007'01'14(Sun) sub That's 色 バトン☆ ママン*

 
Mini Board
 NAME
 URL

パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

4件 ┘

Category  
Archive  

2017年  08月 [1]

2017年  07月 [1]

2017年  05月 [2]

2017年  03月 [2]

2017年  02月 [1]

2016年  12月 [2]

2016年  10月 [1]

2016年  08月 [1]

2016年  07月 [1]

2016年  06月 [1]

2016年  05月 [1]

2016年  03月 [1]

2016年  01月 [2]

2015年  12月 [1]

2015年  10月 [1]

2015年  09月 [1]

2015年  08月 [1]

2015年  07月 [1]

2015年  05月 [1]

2015年  04月 [1]

2015年  03月 [2]

2015年  02月 [1]

2015年  01月 [2]

2014年  12月 [1]

2014年  11月 [4]

2014年  10月 [2]

2014年  09月 [3]

2014年  08月 [4]

2014年  07月 [5]

2014年  06月 [6]

2014年  05月 [3]

2014年  04月 [4]

2014年  03月 [5]

2014年  02月 [3]

2014年  01月 [4]

2013年  12月 [3]

2013年  11月 [4]

2013年  10月 [3]

2013年  09月 [3]

2013年  08月 [3]

2013年  07月 [3]

2013年  06月 [2]

2013年  05月 [5]

2013年  04月 [1]

2013年  03月 [2]

2013年  02月 [3]

2013年  01月 [4]

2012年  12月 [4]

2012年  11月 [3]

2012年  10月 [1]

2012年  09月 [1]

2012年  08月 [2]

2012年  07月 [4]

2012年  06月 [3]

2012年  05月 [3]

2012年  04月 [2]

2012年  03月 [3]

2012年  02月 [1]

2012年  01月 [3]

2011年  12月 [5]

2011年  11月 [2]

2011年  10月 [4]

2011年  09月 [4]

2011年  08月 [2]

2011年  07月 [1]

2011年  06月 [5]

2011年  05月 [4]

2011年  04月 [1]

2011年  03月 [5]

2011年  02月 [5]

2011年  01月 [1]

2010年  12月 [3]

2010年  11月 [1]

2010年  10月 [3]

2010年  09月 [2]

2010年  08月 [1]

2010年  07月 [1]

2010年  06月 [5]

2010年  05月 [6]

2010年  04月 [2]

2010年  03月 [6]

2010年  02月 [1]

2010年  01月 [2]

2009年  12月 [3]

2009年  11月 [1]

2009年  10月 [4]

2009年  09月 [1]

2009年  08月 [1]

2009年  07月 [1]

2009年  06月 [5]

2009年  05月 [7]

2009年  04月 [9]

2009年  03月 [5]

2009年  02月 [3]

2009年  01月 [13]

2008年  12月 [6]

2008年  11月 [6]

2008年  10月 [7]

2008年  09月 [1]

2008年  08月 [3]

2008年  07月 [4]

2008年  06月 [6]

2008年  05月 [7]

2008年  04月 [11]

2008年  03月 [19]

2008年  02月 [17]

2008年  01月 [17]

2007年  12月 [13]

2007年  11月 [11]

2007年  10月 [8]

2007年  09月 [9]

2007年  08月 [6]

2007年  07月 [4]

2007年  06月 [6]

2007年  05月 [11]

2007年  04月 [10]

2007年  03月 [6]

2007年  02月 [7]

2007年  01月 [11]

2006年  12月 [10]

2006年  11月 [7]

2006年  10月 [13]

2006年  09月 [8]

2006年  08月 [8]

2006年  07月 [11]

2006年  06月 [9]

2006年  05月 [14]

2006年  04月 [13]

2006年  03月 [12]

2006年  02月 [13]

2006年  01月 [16]

2005年  12月 [25]

2005年  11月 [3]