ショコラ家はマイクロチップには積極的です。
多分される方って少ないだろうなあ・・・


11-7




思っていたよりも簡単でした。
麻酔とか色々あるのかと思っていたのですが、
注射の要領であっという間だよ、って先生に言われたことと、
私の住む神奈川県の○○市では助成金が出るのです笑
だから千円ちょっとでできるのです。
これならやるべきだと思います。

私の住んでる市は、地震が来たときに地盤がゆるいということで
危険区域?に指定されいるということで助成金もでます。
これは、それに限らず国で出すべきだと思います。
そうすれば、むやみにワンちゃんたちを捨てるということもなくなると思うのです。
もっと行政に動いて欲しいですね。


それに、将来アメリカに移ることになったら必然だしねえ笑



116-1




注射は首筋の後ろの左肩の辺りでしょうか?
ブスッっと一刺し笑
皮下組織に埋め込まれたわけです。

ショコたんは、キャンとも言わず一瞬おめめで訴えましたが
すぐに終わり、それでも元気に動き回ってました。
おりこうさんなのです。

先生がバーコードのようなものを当てると

ピッ、っと鳴ります笑

392という日本の登録番号。
80という神奈川県
と市の番号にショコたんの番号です。
これがバーコードに登録されてるのでそれを当てると番号がわかります。

登録センターと市にショコたんは登録されました。


震災など迷子になったときにこれでわかるのです。
実際、本当に震災があったらどうなることか想像はできませんけど
ショコたんも国民の一人かなって気もします笑


うちの仔は逃げないから必要ないとか、思われる方のほうが多いと思います。

むやみな繁殖で処分されたり保健所に行かされる子が減るためにも
これからの時代には必要だと私は思います。



116-2



スポンサーサイト

2006'11'11(Sat) sub マイクロチップ ショコラの記録*

 
Mini Board
 NAME
 URL

パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

0件 ┘

Category  
Archive  

2017年  05月 [2]

2017年  03月 [2]

2017年  02月 [1]

2016年  12月 [2]

2016年  10月 [1]

2016年  08月 [1]

2016年  07月 [1]

2016年  06月 [1]

2016年  05月 [1]

2016年  03月 [1]

2016年  01月 [2]

2015年  12月 [1]

2015年  10月 [1]

2015年  09月 [1]

2015年  08月 [1]

2015年  07月 [1]

2015年  05月 [1]

2015年  04月 [1]

2015年  03月 [2]

2015年  02月 [1]

2015年  01月 [2]

2014年  12月 [1]

2014年  11月 [4]

2014年  10月 [2]

2014年  09月 [3]

2014年  08月 [4]

2014年  07月 [5]

2014年  06月 [6]

2014年  05月 [3]

2014年  04月 [4]

2014年  03月 [5]

2014年  02月 [3]

2014年  01月 [4]

2013年  12月 [3]

2013年  11月 [4]

2013年  10月 [3]

2013年  09月 [3]

2013年  08月 [3]

2013年  07月 [3]

2013年  06月 [2]

2013年  05月 [5]

2013年  04月 [1]

2013年  03月 [2]

2013年  02月 [3]

2013年  01月 [4]

2012年  12月 [4]

2012年  11月 [3]

2012年  10月 [1]

2012年  09月 [1]

2012年  08月 [2]

2012年  07月 [4]

2012年  06月 [3]

2012年  05月 [3]

2012年  04月 [2]

2012年  03月 [3]

2012年  02月 [1]

2012年  01月 [3]

2011年  12月 [5]

2011年  11月 [2]

2011年  10月 [4]

2011年  09月 [4]

2011年  08月 [2]

2011年  07月 [1]

2011年  06月 [5]

2011年  05月 [4]

2011年  04月 [1]

2011年  03月 [5]

2011年  02月 [5]

2011年  01月 [1]

2010年  12月 [3]

2010年  11月 [1]

2010年  10月 [3]

2010年  09月 [2]

2010年  08月 [1]

2010年  07月 [1]

2010年  06月 [5]

2010年  05月 [6]

2010年  04月 [2]

2010年  03月 [6]

2010年  02月 [1]

2010年  01月 [2]

2009年  12月 [3]

2009年  11月 [1]

2009年  10月 [4]

2009年  09月 [1]

2009年  08月 [1]

2009年  07月 [1]

2009年  06月 [5]

2009年  05月 [7]

2009年  04月 [9]

2009年  03月 [5]

2009年  02月 [3]

2009年  01月 [13]

2008年  12月 [6]

2008年  11月 [6]

2008年  10月 [7]

2008年  09月 [1]

2008年  08月 [3]

2008年  07月 [4]

2008年  06月 [6]

2008年  05月 [7]

2008年  04月 [11]

2008年  03月 [19]

2008年  02月 [17]

2008年  01月 [17]

2007年  12月 [13]

2007年  11月 [11]

2007年  10月 [8]

2007年  09月 [9]

2007年  08月 [6]

2007年  07月 [4]

2007年  06月 [6]

2007年  05月 [11]

2007年  04月 [10]

2007年  03月 [6]

2007年  02月 [7]

2007年  01月 [11]

2006年  12月 [10]

2006年  11月 [7]

2006年  10月 [13]

2006年  09月 [8]

2006年  08月 [8]

2006年  07月 [11]

2006年  06月 [9]

2006年  05月 [14]

2006年  04月 [13]

2006年  03月 [12]

2006年  02月 [13]

2006年  01月 [16]

2005年  12月 [25]

2005年  11月 [3]